ごあいさつ

人としての根っこが育つ大切な幼児期。
この幼児期の生活や体験は、子どもの成長に大きく影響し、
その一生を左右するとまで言われています。
子どもは温かく見守られ、受け入れられて、
初めて自分の力を発揮します。
大里東幼稚園では、子どもの思いを温かく受け入れ
一人一人の育ちに応じて、丁寧にかかわる保育をしています。
子どもたちが、主体的に様々な体験をする中で、
生きていく力の基礎となる、望ましい心情、意欲、態度を育て
一人一人の良さが発揮されるよう援助しています。
友達と一緒に生活する中で
人とかかわる力や思考力、感性や表現する力などを育んでいきます。
人として必要なことを学ぶ場、教育の場であり続けたいと
わたしたち、大里東幼稚園は考えています。

園長 望月雅世

園長 望月雅世

 大里東幼稚園では、子どもたちが自分のしたい遊びでじっくり遊ぶ「自由遊び」を大切にし、なおかつ、クラスみんなで同じ課題に取り組む「一斉活動」も大切にしています。なにかに没頭して遊ぶ経験をした子どもは、集中して取り組める子になります。十分に自分を出し切って遊んだ子は、集団に適応し安定して過ごしていけるようになります。知恵を出し合いながら友達と過ごす中で、感じる心や自分の思いの表現の仕方なども身に付けていきます。
 子どもにいかにいい体験をさせていくのか、それらを一人一人の育ちにどうつなげていくのかが私たちの大きな使命であると思っております。

 幼稚園では、同年齢の子どもたちがいて、知恵を出し合って遊んだりぶつかっても折り合いをつけたりする大切な経験ができます。季節の自然とかかわったり、手を動かして何かを作ったりする体験も待っています。
 本物に触れることがたくさんできるのです。
 畑で野菜を育て、採れたての野菜をみんなで食べたり、料理をしたりする機会もあります。大きな製作物を作ったり、大きな紙に全身を使って絵を描いたりする機会もあります。どろんこ遊びやもちつき、大人数でのごっこ遊びなど、幼稚園の遊びや行事は、家ではなかなか経験できないことばかりです。
 この時期の子どもたちが求めているダイナミックな遊びを提供できるのも幼稚園だと思います。